堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

ハリーポッターと呪いの子のとりあえず感想。

こんばんは。

お久しぶりです。

今日の更新はコナンじゃなくて申し訳ないのですが、11月11日に発売した「ハリー・ポッターと呪いの子」感想です!

 

舞台の脚本を書籍化したもので、今までの7作とは違った雰囲気ですね。(リハーサル版とのことで最終版の脚本は愛蔵版として後日また発売されるらしい)

発売日に一気に読めてしまいました。一気に読みましたがその初見の感想を置いておきます。

気になったところだけを書いていますが、ネタバレなのでこれから読む予定の人には注意です~!そして長いです。そしてまだまだ読み込んでないので雑でところどころ抜け落ちてます。

 

 

 

今回の話は7巻のあとの19年後の世界が舞台で、主人公はハリーの息子のアルバス・セブルス・ポッターです。

アルバスといえば、7巻のラストで父親のハリーに「スリザリンだったらどうしよう」と不安そうに言ったシーンが印象的でしたね。

そこにハリーは「スリザリンだったが最も勇敢な人だった」とスネイプの話をして、「父さんはどっちでもいいんだよ」「組み分け帽子が気持ちをくんでくれる」といって励まし、少し元気が出たアルバスをジニーとともに見送るところでハリーポッターは終わっていましたね。

 

そんな姿を見て、私は「アルバスはハリーのように不思議でおかしい日常を楽しむんだろうなあ~」と微笑ましく思いハリポタ最終巻を読み終え、幸せなイメージでいました。そして来た今作。

 

現実甘くない

思ってたのと違いました(悪い意味ではないよ!)!!!

想像ではまぁ完璧とはいかないまでもホグワーツの日常を過ごし、親のハリーも時々おこるトラブルに苦労しつつ平和に過ごしてる~ってイメージでしたが、全部それを覆す展開

ホグワーツ特急で出会ったスコーピウス・マルフォイと友人になるアルバス。ここまでは想定内というか、親同士の因縁関係なく仲良くできるのはいいな~と思っていました。

そんなアルバスはスリザリンに組み分けされ、父と比べられ、「スリザリンのスクイブ」と呼ばれてしまっています。

そしてそのまま経つ1年。

!!!

そして1年経つごとに暗くひねくれていくアルバスを見ていて心が痛い!!!

 

ハリーの息子ということで色眼鏡で見られるアルバスの痛み、そんな息子となかなか心を通わせられないハリーも見ていて苦しい。どっちも悪くないだけに!

ここまで捻くれてしまったアルバスを見ていて辛くてなかなか受け入れられないのは、(構成上仕方ないのかもですが)1年があっという間にすぎてしまうことでしょうか。

ハリーの物語はご存知1年が1冊で語られています。色々な事件が起きますがそのたびに成長するハリー。アルバスもそんな風に何かが変わる出来事が(事件とかでなくとも)あればな…と思いました。しかし無常に過ぎる年月。

これが七巻ラストの希望溢れるエンディングを思い出すと辛かったですね。現実甘くない~~!!!!

自分の意志でスリザリンに入ってまた新たな道を拓く~みたいな話ではなかった!

このつらさは解消されますが読んでる途中はほんとつらい。

 

しかし物語はここからが本番で、アルバスとスコーピウスは、エイモス・ディゴリー*1の姪だというデルフィーとともに三校対抗試合で死んだセドリック・ディゴリーを救おうという話になりますね。

父のハリーが助けられなかったセドリックを救うことを決意し、逆転時計を盗み、過去にもどってセドリックが決勝に残れないようにする(=ヴォルデモートのところには行かないことになり死なない)~という計画。

ホグワーツ特急から脱出し、過去への旅に出るアルバスたち。そんな彼らを探すハリーら親たち。

 

しかし歴史の流れを変えたことで現実が変わってしまい、ロンとハーマイオニーが結婚していなかったり、さらにハリー・ポッターが死んでいてヴォルデモートの支配する世の中になっていたりと、時間の流れをいじった関係でどんどん世界が変わっていく。

つらい~~~~(二度目)

アルバスとスコーピウスは単にセドリックを助けたいだけだったのに、時間をいじって安易に歴史を変えようとしてしまったことのツケというか、大きな代償が返って来るというつらさ。ハリーとうまく行ってないことも合わせて2重につらい。

 

しかし世界をもとに戻そうと奮闘する中、スネイプがスコーピウスへかけた「アルバスに伝えてくれ、アルバス・セブルスに、私の名前がついていることを、私が誇らしく思うと

という言葉が最高でした…

現在の大人たちも自分の子供がどこにいるのか突き止め、過去を書き換えようとするものの計画を阻止することに動き出す。

ここからの展開が熱い!!とってもハラハラするし、過去にいるアルバスが父にどうにか助けを求めようとした時の行動がとてもよかったです…おかげでついに時間の旅に出ていた息子を見つけたハリー。

ここの安心感がすごかったですね。子供ふたりで強大な敵に向かうのと違い大人たちがいてくれて。

 

この作品の敵は、アルバスたちを時間の旅に誘ったデルフィーで、彼女はディゴリーの姪でもなんでもなく、ヴォルデモートとベラトリックスの娘だったという衝撃の展開でした。ホグワーツの戦いのちょっと前に生まれたと。へえ~~~

ヴォルデモートに娘いたの!?!?という。いろんな意味で驚きましたね~~~人間やめたのかと思った(言い草)

そんなデルフィーのたくらみは過去に戻り、赤ん坊のハリーを殺そうとするヴォルデモートを止め、そのときに彼が破滅しないようにし、現在にヴォルデモートを復活させることでしたね。途中ヴォルデモート天下のシーンを見てるから怖いわ。

その野望はハリーたちが戦い阻止し、ハリーはその後自分の両親が死ぬところを見届けて(つらい)現在に戻る。

時間をいじることの危険性をこの物語ですごく実感して、「アズカバンの囚人」でハーマイオニーがいかに慎重に逆転時計を扱っていたんだなあとか、過去に大きく遡るのってそれだけ未来に影響を与えてズレてしまうんだなあと。アズカバンの囚人でシリウスを救うために数時間遡っただけとは全然違いましたね。

少年たちのちょっとした思い付きが(デルフィーに唆されたとはいえ)こうしてすごい惨事を引き起こしそうだったのは本当にハラハラしました。この作品ハラハラしかしてない!楽しいけど!!

 

すべてが解決したあと、語り合うアルバスとハリー。ここで親子としてまたふたりが一歩進んだことが大きいし一番の救いになりましたね。よかった!!!

アルバスもハリーもほんとうの自分を相手に見せることで関係が改善したのがよかったですね。

捻くれたままではなく、これから少しずつ良い親子関係になっていくんだなあと。序盤のあの辛さが帳消しになりそうにさわやかなエンディングでした。よかった!!!!

 

当初はほんとに「アルバス…なんで…」と思ったしハリーと大喧嘩するシーンも辛かったんですが、おさまるところにおさまってよかったです。(月並み)

また、大人たちもまた魅力的で、ドラコ・マルフォイとハリーに少年時代には絶対ありえなかった友情が少し芽生えていたり、マルフォイ家の家庭環境も悲しいけど愛があって良いですね。ぎこちない親子のハグかわいい。マルフォイが学生時代仲良かったパンジーと結婚しなくてほんとよかったと思いました。

 

この作品を読んで一番思ったのは、先ほども書きましたが、ハリーの未来は順風満帆の完璧さではないし、7巻のあのエンディングの後にこんな大変な未来がまっているなんて!という衝撃が大きかったですね。

アルバスがホグワーツに入ってあんなに苦悩してひねくれてしまうなんて!とか。それだけ肩書きが重荷だったんだろうけど。

「7巻あんなによい終わり方だったのにスゴイ辛い現実きた」みたいな衝撃。これを読むとまた7巻の「19年後」を読む目も変わってきそうですね。

でも親子関係の再生していくラストはとてもよかったし、スネイプの活躍は素晴らしくかっこよかったですね。

読んでる途中は「つらい」「おもしろい」のバランスで、でもどんどん先が気になる慣れ親しんだハリポタでした。雰囲気は6~7巻に近い。しばらく読んでない過去作また読みたくなったよ!!

脚本形式だからサラっと読めてしまうし文章は淡々としてますが、登場人物は紛れもなくハリーたちでした。

 

久々の新作にテンション上がり、とても楽しかったけど、まだまだ完璧に読み込めてないのでまた今度じっくり読みたいと思います。 

そんな新作でした。

感情のままに書きなぐったのでとても読みにくいことを許して下さいませ~~~!!!時系列整理して書き直したい~~~!!!

 

*1:セドリックの父