読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

サンデー感想!!!

コナン 漫画 感想

こんばんは!今日もすてきな日ですね!!!

 

そんな素晴らしき出来事のひとつが今週のサンデーです。

 

ネタバレなので追記へ。コミックス派の方は注意です~~!

 

 

 

赤井さんが、面白い。

 

これに尽きる。

なんか…何やっても面白いんですよね。(語彙0)

読者に正体ばれたから隠す必要なくなったとばかりにリラックスしててひどい。好き。

事件の話を盗聴聞きつけて急いで肉じゃがを持ってくる赤井さんが愛しい。

哀ちゃんにこの前もって来たシチューの野菜が全然煮込まれてなかったってクレーム付けられてるのも可愛い。

 

そんな赤井秀一(沖矢昴)さん「料理が不得手なだけですよ

え???

なんか前…「家庭料理くらいなら」とかドヤってたような…????

盗聴なわけない~という言い訳なのは分かってますが、自分の設定が変わる赤井さん面白すぎ。不得手な割りに今まで数々のおすそ分け持ってきたりしたよな…

いちいち無駄につっこみたくなるくらい嬉しい、赤井さんの出番。普通の事件に彼が関わる事になるなんて…!

 

今回、羽田浩司の事件と似てるってことで赤井さんもコナン、博士と一緒に現場へ。

その赤井さんが今までとは違い、普通に事件にガンガン首を突っ込み、目暮警部に引かれてるのが最高に面白い。

60巻に初登場したキャラがようやく今目暮警部と初めて会うって…!

なぜいきなり事件捜査に…それほど羽田浩司の件が重要なのか。読者に正体ばらしてすっきりしたのか。

 

目暮「このハサミ…(略)録音機能とかは…?」

昴「そんな便利な機能は…ありません!!

 なんでこんなに元気がいいのwwww「ありません!!」赤井さんのテンションに警部筆頭に誰もついていけてないぞ…

 

さてそんな絶好調赤井秀一さんが今回わざわざ事件捜査に乗り出した理由。

「17年前…羽田浩司が殺された事件と…酷似しているんだよ…」

「俺をFBIに駆り立てた…あの事件にな…」

 なん…だと…!?

まさか次回は赤井さんの過去がたくさん見られるのかな??

羽田浩司、羽田秀吉、赤井秀一…一気に繋がるのが爽快。

17年前というとチュウ吉は11~12歳で赤井さんも(多分)まだ10代のはず…そんな頃にFBIを志したとは!

弟が最も尊敬する棋士が殺されたからFBIに…と思うと熱いですが、それよりもっと大きな理由ないのかなって思ってます。

もちろんそれでもOKなんだけど、わざわざグリーンカードとってまでFBIになるというのが、もっと大きな動機がありそう(あってほしい)です…羽田浩司の事件には父親の死んだ理由も関わってる…とか?

 

それより羽田浩司さんが亡くなったのは17年前だったんですね…ということは前回の話の回想で一瞬で出てきた前髪のダサかわいい中学生チュウ吉は既に大事な義兄を亡くしたあとだったのか…切ない…

高校までは世良秀吉だったということは、高校卒業を機に羽田さんの家の養子になったのかな…?義兄の遺志を継ぐみたいな…それまでは義兄というか知り合い…???うーん

 

次回が本当に楽しみですし、一見平和で組織と何のかかわりもなさそうだったチュウ吉がいきなり赤井家のオーラを出してきているので流石だと思ってます…兄弟ひとり浮いてる平和さとかいえなくなった。

 

赤井一家の謎が楽しみで夜しか眠れません!!!次回は早めに感想書きます!!!楽しみだ!!