堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

新年初記事。アニメ「謹賀新年 毛利小五郎」と、サンデー6号コナン916話「往く事は流れの如し」感想など~

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いします。

 

さて新年一発目のアニメコナン、「謹賀新年 毛利小五郎」ですが、大好きな回だったのでとっても楽しみでした!!

NOTTVで去年アニメ化されたのは知っていたのですが対応機種じゃないため観れなかった。なので今回TVで見れて良かったな…!

 

原作では何年も前の話(57巻)なので、こちらは申し訳ないけど追記にせずサラッと書きます。原作ではあの赤と黒のクラッシュのひとつ前の話ですね…!

短い話だけどテンポ良いし出演キャラも豪華!!

何者かに追われている小五郎のおっちゃんの逃亡劇wを描いた回。小五郎のシリアスさと、逃げてる理由のギャップが面白いですよね。

英理さんの作画が良かったです。美人!!

小五郎を本気出して追い詰めるコナンたち探偵団が恐ろしい。これ、おっちゃんがポアロから出てった後からずっとここにいて待ってたのかなぁ…おっちゃんの行きそうなところに連絡入れておいて待ってただけだったらすごい。連絡いれたらあとはただ待つだけで勝ったというw

あと世良ちゃんがちょっと出てたのもよかったです…可愛い。

ポアロに安室さんがいたらどうなってたんでしょうね。「協力しますよ毛利先生!!!」ってなるのかな。

新EDも好きな感じでした。これはリピートしたい…

アニオリ展開はアニオリだなぁと即わかるまったり感でした。wそこから凧揚げ回に繋がるのね。

次回は平次登場!!待ってました!!平次と和葉も可愛いけど平次のことを師匠師匠言う探偵団もめっちゃ可愛いので楽しみです…!

 

そして85巻のCM!!TVで見たのは初めてです! 編集するときこのCMだけは残しました!

改めて観るとすごいネタバレですね。「赤井秀一、帰還!!」「彼はどうやって生き延びたのか」…最初どっかのホームページ(コナン公式だったかな?)から見たときは気にならなかったけど、アニメ(まだそこまでストーリーが全然進んでない)の合間にやるとネタバレ感がよりすごい。まだ…アニメではバーボン始動すらしてませんよ!ってなる。w

赤井「まさかここまでとはな…」がしぶい。撃たれてしまった感が出てます(?)。クール。

どうでもいい話します。85巻読んで以降、キールの車に乗り込んでこっそり帰る途中、信号待ちとかで停止して一息ついたとたんハイタッチ交わして「ジン騙せたwwwイエーイwww」ってふたりで笑ってる赤井さんとキールの姿を想像してしまう。ふたりはそんなキャラじゃないですね。

しかし一応おおやけには死んだことになってるのに堂々と「帰還!!」とか思いっきり生きてる前提でCM言っちゃっていいのかw…公然の秘密か…。

 

話は逸れましたが、今回のアニメのような一話完結の話は原作では非常に少ないけど、そういう話ってどれも面白いと思います。地味だけど17巻の「強盗犯人入院事件」も好きですね。コナンの手際が良くて、犯人たちを一網打尽にしてしまうところが爽快。コナンの去り方も好き…。こういうテンポの良くて面白い一話完結タイプの話また原作でやってくれないかな。

 

 

さて、サンデー。川中島殺人事件の4話目ですね。

感想は追記に。ネタバレ含みます。

 

 

 

 

 

 

大丈夫、敢ちゃんは犯人ではないよ

f:id:padpopopo:20141224231800p:plain

これくらいいい笑顔で言える。

\彼は犯人ではありません!/(根拠は特に無い)

いきなり何だよって話ですが、今回いよいよ敢ちゃんが犯人として指名手配かけられそうになっている。

秋山さんの携帯に残された呼び出しメールに「大和敢助」の名前が。なるほど、敢ちゃんに呼び出されたという風に見せかける犯人の作戦ですね!!(犯人ではない前提で語っている大和ファン)

 

そして、コナンがようやく意見。「そうとは限らないんじゃない?」なんだこの、圧倒的に信用できる感。よしコナンがそう思ってるなら大丈夫だ。

そうやって名探偵ぶりを発揮し存在感を出したコナンに黒田さんが反応。「眠りの小五郎の知恵袋…警察庁ではそう噂されていたよ…江戸川コナン君…」

コナンはそんな黒田さんを警戒した目で見てる。黒田さんは一体どういう人なのかまだ謎で気になる。早くコナンが安心して黒田さんにも意見言えるようになるといいね。ラムなのか、もしや犯人なのか、また、非常にまぎらわしいだけで普通のまともな警察官なのか。どれでしょうね。

 

これまでの様々な状況から敢ちゃんが犯人として疑われて手配されそうです。

朝、橋付近での目撃情報や鹿野警部補を吊るしていたロープから新たに出た彼の指紋、竹田班に対する恨みがあるという動機など。

気になるのはロープの指紋ですね。これ、今回このあとに出てきた新エピソードの銀行立てこもり事件の話と繋がらないかな?

銀行たてこもり事件の犯人の両親が自殺したときの話が出てきます。そこでも敢ちゃんはロープを外すために触っていたと…

このとき素手だったかどうかは特に書かれてませんが、とりあえずその時も素手で触ってしまってたと仮定しよう。きっと今回の犯人はそのときの指紋が残った証拠品のロープで鹿野さんの首を吊ったのでは!犯人は警察だ!(適当)

鹿野さんが変わった吊るされ方してたのもその指紋つきロープをうまく使って敢ちゃんに罪を着せるためにそうなった的な。

あと、秋山さんの携帯で敢ちゃんが着信拒否になってるってやつ。いなくなる直前、県警本部で元気に話してる秋山さんの様子を見た感じでは、敢ちゃんのことをすごく信用してる感じだったけどなぁ。犯人かもと特に疑ってないような…。「大和敢助」の呼び出しメールにも素直に行っちゃたんだし、そんな彼がいつ着信拒否にしたんだろう。最後にギリギリで…?それか犯人がやったのかな。

 

コナンがいろいろ質問するおかげで4話目にしてやっといろんなヒントが見えてくる気がする。いや、これまでも気になるポイントはありましたが…3話目までの怒涛の展開がね!

ひとつの事件をじっくり考える間もなく次の事件が起こっていたので。今回ある程度は落ち着いたというか。

今まで殺害された3人の名前が川中島の合戦で討ち死にした武将に良く似てるとコナンが指摘。残った三枝さんも入れた竹田班全員と、あと山本勘助に似た名前の敢ちゃん!やはり彼も啄木鳥リストに入っていたのか。

笑ってる場合ではないけど、

由衣「誰が何の恨みを敢ちゃんに持ってるっていうのよ!?」

高明「彼なら色々な方に恨みを買ってると思いますが…」

これ笑いましたwww刑事だしね…松本警視の「刑事は恨まれてなんぼの商売…どこで恨みを買うかはわかりはせんよ(76巻)」を思い出す。

温厚な高木くんでさえ勘違いとはいえあんな目に遭わされるくらい恨まれるんだから、あの血気盛んな敢ちゃんじゃどっかで恨まれてても何もおかしくないですね(赤女事件の893並の聞き込みの仕方を思い出しながら)。

 

今まで敢ちゃんの親友が死んだという9年前の拳銃乱射事件ばかり気になってましたが、銀行立てこもり事件も背景がわかってきたら気になることばかり。

・被疑者は投降する直前だったが無理に動いた竹田班に逆上し暴れた

・被疑者の携帯が紛失

・撃たれる直前まで誰かと電話をしていた被疑者「俺が捕まればあんたも終わりだ…拳銃の出所もXもバレる」

 

これが拳銃乱射事件につながりそうな…あとXって、被害者たちの額についてたしるしのことですかね。撃墜マークではなくて。

婿入りして変わる前の鹿野さんの名字「土屋」と「X」で何かひらめいた様子の高明さんとコナン。おお…もしや次回で解決なのかな。

 

県警本部に戻ってきたコナンたち。誰か蘭とおっちゃんを廊下からどっか別の部屋にでも案内してあげてよ。ずっと廊下に立ってるようなwwwコナン帰ってきたから通されてた部屋を出てきただけなのかな。

 

さて、そんな中また敢ちゃんの目撃情報。かならず三枝さんが持ってくるなぁこういうの。

確かめに行こうとするもすぐに動かせる車がないという三枝さん。どういうことだろうか。まぁ秋山さんのと思われる車も爆発しちゃったしね…

三枝さんの運転が荒いからと車を貸すのを少し渋っていた高明さん。しかし黒田課長の命令で貸す。このとき一番怖い顔だな親分。さっきは自分の車に三枝さん乗せたのに。もしや黒田さんも運転荒い三枝さんに自分の車貸したくないのか。

その直後に「往く事は流れの如し」と敢ちゃんからメール。うーん大丈夫だろうか…何があったのか。高明さんの緊迫した最後の表情も、黒田親分をちらっと見たあとにメールを確認してたのも気になる。

 

今回、黒田さんも何点か気になる怪しいところありましたね。なんで高明さんの車の後部座席にスペアタイヤが置いてあること知ってたんだろう。いちいち自分の車のこと上司に報告するものなのかな。外から見りゃすぐ分かるといえばそうだけど。

そのとき黒田さんは三枝さんと二人で帰ったけど、車の中で重要な事を何か話してる…とかあるのかな。三枝さんも犯人の標的のひとりだし、次回何もなければいいな。最後目撃情報確かめにひとりで向かったようだし。

あと黒田さんが秋山さんの携帯を調べていたときの「ほら…やはりそうだ…」の笑顔もなんだか怪しい。スペアタイヤの話の時も笑ってたし…。愛想がなくて一切笑わない印象だったので、こうして彼が笑う時すごく意味深に思えてしまう。

他にも、鹿野さんを降ろして床に寝かせたときの刑事たちの配置もコナンがわざわざ聞くってことはなんかあるんだろうし…う~ん。

 

最後に、これは事件にはあまり関係ないどうでもいい部類の話なんですが…銀行事件の話してるとき

由衣「私、その事件のころまだ刑事に復帰してなかったから」

What!?

竹田さんに怒鳴ってる敢ちゃんの回想シーンを見る限り、目に傷もあるし…この立てこもり事件の時(半年前)彼は事故から復帰して警察にいたんだね。たしかにその後じゃ由衣さんまだ刑事やめてたころか。

敢ちゃん行方不明ってたしか半年間ですよね?…

部下「この半年間行方不明だったんだよ」(59巻)

う~ん、この半年って…いつからいつまでの半年間なのかわからなくなってきたぞ。場合によっちゃかなりずれる。昔の話になる。最低でも銀行事件のさらに半年前に事故ったってことにならない?

敢ちゃん雪崩に遭う→由衣さん結婚→高明左遷、敢ちゃん復帰→銀行事件→風林火山

シンプルに表すとこんな感じか。

でも風林火山読む限りだと雪崩での怪我から復帰したばかりに見えたけど(部下の刑事さん「こっちは警部が帰ってきて早々、休む間もなくこき使われてんだから!」)

…違うのか。帰って来てからずっとってことかな。そしてこの風林火山は甲斐さんに関係のありそうな事件だからハッスルして特に熱心に調べてたのかな。なるほど。…強引に納得しましょう。

長野時系列はよく全部の事件読んで整理しよう…。どうやら思考が迷宮に入ってしまったようです。申し訳ない。

f:id:padpopopo:20150107233424p:plain

風林火山の時、その敢ちゃん行方不明の話を語ってくれた刑事さん。彼は今どの班にいるのでしょうか。

 

 

話を戻しましょう。

黒田親分もなんかちょっと怪しいし(できればこの事件以降も長らく活躍してほしいな…)、敢ちゃんのことも心配だしで一層次回が気になります。

今回は今までの事件を一旦おさらいして+αの情報も追加された感じで、少し一息つけてよかったです。まだ事件は動き続けていて緊迫した状況には変わりありませんが。気になるポイントもコナンが改めて質問したおかげでわかりやすくなった気がする。

前回までがわかりにくいとかじゃなくw、先ほど書いたようにほんとに落ち着けない怒涛の展開だったなぁとw

 

もし敢ちゃんが犯人だったり(ないでしょうけど)命の危険が迫ってたらファンとしては

f:id:padpopopo:20150107152220p:plain

さっきの笑顔のまま凍りつきそうです。敢ちゃん無事でいてくれ!!

 

 

では今年もマイペースにブログを書いていこうと思います。

とりあえず新年最初のファン活動(?)は、下半期キャンペーンのはがきをそろそろ提出しようと思う。