読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

赤井秀一さんの神技の話

こんばんは。

 年内最後の更新がおそらくこれです。

タイトルのとおり赤井の話。

 

ブログ横のプロフィール欄(PCでしか見れないかも?)にもまず赤井秀一って書いてあるくらいの赤井ファン過激派のくせに、最近あまり赤井さんの話してないな?(えっ?)

いや…しょっちゅう日常的にネタ挟んでるのもカウントすれば充分話はしてるけど、特化した記事を書いていない気がする。なんか書きたくなるなぁと思い今回の記事になりました。

 

今年は原作緋色シリーズに劇場版初登場など、赤井の活躍多い年でしたね。今まで頑なに隠れてたのに20周年イヤーには素顔で駆けつける赤井さん。

活躍全部かっこよかったね…

しかし、これらについてはかなりの頻度で記事にしているので…

今回は赤井秀一の功績の中でも特に不思議な常人離れした素早さの数々を考えてみようと思います。

※思いっきりふざけたネタ記事です。

 

 

赤井秀一さんといえば、黒の組織も「銀の弾丸」と呼んで恐れる切れ者のFBI捜査官で、「推理力抜群」「射撃の腕が一流」「運転も得意」「イケメン(※ただし目つきと顔色が悪い)」というなかなかのチートスペックの持ち主。数百メートル先の対象も正確に狙撃するし、現れたらもうコナンたちは安心というキャラクターですね。

あと、不審者オーラすごかったのに最近はわりとまともになってるし愛想もよくなってるという…

そんな赤井さんがチートキャラだということを前提にしても、「これ凄すぎるんじゃないか」と思ったいくつかの素早すぎる赤井神速エピソードを3つ挙げていきます。

 

1.誰よりも早く上司を見つける

まずは「シカゴから来た男(原作32巻)」。赤井2度目の登場回。声優さんを恐れさせた(※SDB50+より)レベルの怖さを放っていた回です。暗殺者にしか見えない。

上司のジェイムズ・ブラックさんがアニマルショーを見ていて、終わる頃に合流する予定だったらしい赤井さん。

しかし待てど暮らせどジェイムズさんは現れません。それもそのはず、彼は誘拐されてしまったのです!

 

さてここで赤井の謎の捜査スキルが発動します。

コナンたちの方は…誘拐されたジェイムズさんを、彼が持ったままの発信機つきの探偵団バッジを頼りに居場所を突き止めます。これはわかる。博士の発明品万歳!!

発信機によると、コナンの現在地から16キロも離れた場所に彼の乗った偽パトカーはいました。

すぐ次の瞬間、赤井さんの車がコナンや灰原の前を横切る。この時点では赤井さんとコナンはほぼ同じ地点にいたということですね。スタート地点ほぼ一緒

さて、ここからどうやって16キロも遠くに離れてしまったジェイムズさんを見つけたのか。

追跡スタートしたコナンたちをこっそりつけていたとかならわかりますが…違う。しばらくずっと彼らは立ち往生しています。

コナンが「わかったんだよ!ジェイムズさんの居場所がな!!」と言った時には、赤井さんは既に犯人のパトカーのすぐ後ろについています。えっ、いつの間に…!

 

…意外と地味に聞き込みとかしたのかな。一応時間もたっぷりあったし、待ち合わせに来ないことを不審に思って、コナンと同じくあの周辺で遊んでた子供に聞きこみしたりジェイムズさんの車を調べたのかな。なるほど。

お巡りさんに渡したから確認不能になったはずのストラップを「あんな暗号」って言ってたしもしや赤井さんは、実はコナンより少し先にストラップ見つけてたのだろうか(解決後、ジェイムズさんに事件の全貌を聞いたというのもありそうですがw)。

「なるほどわかった」って思ってそのままストラップ放置して偽パト探し始めたのかな。…上司のストラップなんだから拾ってあげようよ。

しかしそれだとしてでも神技級の素早さ。発信機なしの赤井さんが、発信機手掛かりにしたコナンより早いって一体どういうことなのか。コナン一行のほうが車に乗るの遅かったとはいえ…

犯人が通りそうな道を絞れたのかな。どうやってあのパトカーに絞ったのかとか疑問は尽きない。あと同じ検問も通ったとしたら弟の彼女と一瞬すれ違ったのか…

 

赤井さんは、ジョディ先生が「彼の提示する証拠がガセだったことは一度もない」というほどの人なのできっと情報収集もかなり得意なんでしょうね。

f:id:padpopopo:20140607221457p:plain

こんな感じで。これはとりあえず納得しましょう。

 

 

2.かなり素早く敵を倒して登場

これは「満月の夜の二元ミステリー(原作42巻)」 ですね。 赤井さんがかっこよく登場する回のひとつ。彼はベルモットの前に姿を現す前、カルバドスの足を折って武器を没収して戦闘不能にしてから来ています。

ベルモットは蘭を狙撃しようとするカルバドスを「待ってって言ってるでしょ!!」と止めます。これが、赤井さんに足を折られる前の元気なカルバドスを確認できる最後です。

さて赤井登場まで何分かかるか

ここからスタート。

f:id:padpopopo:20141227212657p:plain

この、ベルモットに止められて「おや?」って顔したカルバドスのシーンから、

f:id:padpopopo:20141227212721p:plain

赤井さんが歩きながら『カチャッ』と銃の音をさせるまでの時間をカウント。

どうでもいいけどこの時点で口元が笑ってて、相変わらずどんな修羅場でも一人だけ楽しそうですよね。

 

さぁ、どのくらいで駆けつけてくれたのでしょうか。

3分弱でした。(2分50秒くらい)

途中のベルモットのNY回想シーンも含めてこの時間です。

この3分間のいつカルバドスのとこに行ったのかとかみたいな細かい事を考えず、単純にこれだとしても…早い。カップラーメン準備しておいても余裕で間に合うじゃないか。

それから「ホー…あの男、カルバドスって言うのか…」といいながらかっこよく登場。

f:id:padpopopo:20141227000224p:plain

仕事そんな早く終わればそりゃこんなドヤ顔したくなりますよね。まぁ赤い人なので普通の人より3倍早く仕事ができるんでしょう。

遅いよ!!ジョディ先生負傷してるんだから余裕たっぷりな顔でここぞというところ狙って登場しないでもっと早くきてくださいよ!!…と思ってたけど、こうして見てみると赤井さんも自分なりに急いでいたんですね。

 

距離がどのくらいあるかによっても難易度変わりそうですが、まぁ素早い。

f:id:padpopopo:20141227215641p:plain

まず最初にあそこにいるカルバドスのところに一度行った赤井プロ。(※画像は別のシーンのものです)

遠くから銃で撃ったからすぐ来れた…とかも考えられなくはないけど、赤井さんはカルバドスの装備していた銃を回収しているので、確実にあのコンテナの上に行ったと思われます。

…移動もあるので戦闘時間短そう。スティングレベル*1S取れる。

f:id:padpopopo:20141227215748p:plain

そこから地上に降りたあと、なぜかかなり奥の方から歩いてきて、いかにも「遠くからやってきて、たった今到着しました」という登場をする赤井プロです。…これで約3分とは。

仕事速すぎる赤井さんでした。

 

 3.花束の置き方が魔法

これは前も触れた話。映画「異次元の狙撃手」で、犯人に狙撃されて病院に入院した妹の世良真純ちゃんにお見舞いの花束を置いて去ったシーンです。

普通に考えれば、怪我をした妹のために花を持ってきてお見舞いしてくれる兄…という心温まる兄妹エピソード。わたしもかなり好きなシーンです。

しかし、この花束の出現が謎

前カウントしましたが、

f:id:padpopopo:20141002223419p:plain

花が無いところから

f:id:padpopopo:20141002223521p:plain

花束出現までが約25秒

まぁ、花を置いて帰るだけだったらこの時間でも何の問題はないですね。「よし、寝てるな」と安心して堂々と入ってきてテーブルにそっと花置いて足早に帰れます。

問題は、部屋に蘭と園子がいることです

蘭と話してるとはいえ、園子の視界には思いっきり入り口方面、テーブルも入ります。実際、花を見つけたのも園子でしたね。人が入ってきたら確実に気付くでしょう。

 

沖矢昴(赤井)さんが病室のドアを静かに開けたら既に蘭と園子がいた。

彼女らと顔を合わせずに済むように「部屋に入らずここからテーブルに花束投げよう!」となったとしても、園子の視界をわけわからん物体が高速で横切ることは確実です。気付かないのはおかしいです。しかし気付いてる様子はないしそもそも投げ込まれたような音がしていない。

もしや窓からポーンと投げ込んだのでは?と思いきや、肝心のテーブルの前に窓はないし、他の窓も開いていない。

f:id:padpopopo:20141227225250p:plain

一体どうやって花を置いたのかが謎です。カルバドス撃破よりどうやったか解明するのが難しいとは…

f:id:padpopopo:20141227232325p:plain

花が置かれた(と思われる)頃、ちょうど良く世良ちゃんも「秀兄…」と。エスパーか。

f:id:padpopopo:20141227171459p:plain

帰る前にトリックを教えてほしいです。ハリーポッターでおなじみの透明マントかな。

 

 

以上、赤井秀一さんの神技でした。どれもびっくりするぐらいの素早さを誇っています。

1はなんとかなりそうですが花束の謎は解けませんね。挙句の果てにキッドみたいに通気口から入って天井から落としたとかリアル不審者みたいなパターン想像してすみません。

きっと世良ちゃんが寝言言って、蘭と園子の視線が入り口付近から逸れた一瞬を狙ったんでしょう。タイミング伺いすぎ。

 

そんなわけでこんなどうでもいいことを真面目に考えたアホな記事が恐らく今年最後の更新になってしまいますが、来年もよろしくお願いいたします。

よいお年を!!(強引)

 

次回アニメコナンのお年玉回が楽しみ…超平和な愉快なギャグ回!!

*1:ロックマンエグゼというゲームで、敵を倒す速さ等で決まる成績レベルのこと。