読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

アニメ まじっく快斗「怪盗淑女登場」&コナン「意外な結果の恋愛小説(後編)」感想。初代キッドと領域外の妹の声!!

こんばんは。

ブログ一週間ぶりになってしまいましたね。

 

今週は怪盗淑女初アニメ化ということで楽しみでした!

そしてコナンは領域外の妹が喋った!!

では感想は追記に。ネタバレだよ~。コナンの、単行本になってない本誌ネタもあるので注意!

 

 

 

 

まじっく快斗

「怪盗淑女登場」

18年前の回想シーンよかったね。テンション高くて脱線しまくりの、中身が非常に薄い感想をお送りします。アイムソーリー!

黒羽盗一さんが数あるキザキャラのいるコナン・キッド界全体でも軽く上位に食い込みそうなくらいキザで、決まっててもう…なんなんだこの人…逸材…盗一亡き者にしようとした組織爆発しろ!(今回登場してないのに突然のやつあたり)

音声つくと!更に!カッコイイ!通常の3倍カッコイイ!だけど某FBI捜査官の顔も浮かんでしまう。…某をつける意味がないですね。

もうイケメン…紳士…そりゃ何年たってもエンドレスでのろけたくなりますよね~あれ。ちょっとカッコよくて意味わかんないわ~。

自己紹介が工藤優作さんそっくり。「黒羽盗一…ただのマジシャンですよ…」

盗一さん常に冷静だしポーカーフェイス忘れてない…チート…。

一緒にバイク乗って敵から逃げたのはカッコイイですね!!派手!華麗!

同じ声の持ち主の赤井秀一さんだったらまず敵全員撃って黙らせてると思う。それから手錠も拳銃で撃ってバイクから外す。そして終わったら警察への連絡は他人に任せて自分は警察来る前にさっさと普通に階段かエレベーターで帰りそう。空も飛べないし。

赤井さんもなかなかナチュラルにかっこつけてるけど、この盗一さんの映画のワンシーンかよってレベルのキザに勝てるでしょうか(勝手に戦わせてる外野です)。

赤井秀一さんの一番のカッコイイ台詞は個人的に「命にかえても守ってやる」ですが(他にもありますが物騒な台詞多いのでwこれチョイスした)…それはともかく当たり屋きっかけにした人とパリで華麗に窮地救った人じゃその時点で違うね…うん。散々ネタにしといてアレですが当たり屋はアニメオンリーの設定なのでスルーしておきましょう。

 あと、怪盗淑女の手口がグロい。アニメになると一層怖い。血糊と斧の仕掛け怖い。あれ実物みたら確かにめっちゃビビりそうです。

最初は盗一さんに対して超つんつんしてるのが良いです…そこからああやって助けられたらそりゃ好きになりますよね!w

 

一方現在では(こちらが本題ですね)その当時の恨みを持ってる郷津会長がキッドの正体推理してるんですが面白いくらい的外れです。いや、読者的にはキッド=黒羽快斗って知ってるから余裕で「あの会長わけわからんたわごと言ってる」って言えるだけなんだけどw実際あんな神出鬼没な怪盗に出会ったら可能性ありそうな色んな説立てたくなるでしょうしね。

しかし中森警部が黒幕でキッドが青子だと思うとは、この親子のことを知ってる身としては笑ってしまうwww

警部あんなに熱心に狂ったようにキッド何年も追い続けてるのにw青子はキッドファンの多さに負けずにキッド反対の姿勢貫いてるのにw

本人たちが知ったら烈火の如く怒りそうですよね。

 

あと紅子が赤赤言ってたのが面白かったです…赤いタワー…今回の紅子は前回とは打って変わって(前回でようやく改心したのか)非常にまともでした。キッド消えろ!!とは思っていないこの感じ…いや今回のシリーズではアニメでやるのがいろいろ順序バラバラだから不思議に思えるだけですがw

あとで東都タワーに中森変装で到着したキッドの足踏む紅子も好き…まともになっても基本的ぶれない…

 

さて、18年前の両親とまったく同じ状況になったキッドですが、キッドと青子のターンは次回につづく!!でしたね。

そして次回は龍馬展の回もやるんですね。今回の話にピッタリ!

作画が違う蘭たち見るのがなんだか不思議。

この話けっこう好きです…これをキッド視点でやるのかぁ~。てっきり黄昏の館レベルの大きい話をやるのかと(あれは30分に収まらないですねw)

 

感想の割合が偏りすぎてて話の流れわかりにくいですが、18年前初代キッドのせいで損した郷津会長がキッドにリベンジしようとしててキッドを青子だと勘違いしてて青子を東都タワーに招待して罠用意してたってところですね今回は。相変わらず青子は無邪気で可愛かったです。盗一さんカッコ良い。終了。

 

原作読み返したいけど行方不明という大失態をやらかしていたので今度捜索します。どこにしまったっけ(間抜け)

 

 

コナン

「意外な結果の恋愛小説(後編)」

いよいよ領域外の妹が喋る~!ってことで楽しみだったんですがまずは他の部分を。

コナンたちの推理の参考にもなった恋愛小説のあらすじ。それを語る蘭のテンションが超可愛いです。うきうきしてるのが声で伝わってきて…可愛い

そんなうきうき蘭ちゃんに高木くんが「こんなことになってしまったから当分書く気がしないとも言ってたなぁ」って言って、蘭「え~~~~!?」っていうやりとりが無くて残念!wあらすじ語ってる姿が可愛かったから余計に!w

今回扉閉まる(訳:CMに入る)の早かったですね。

 

火浦先生のガラの悪さ(見た目)が止まらない。警察の事情聴取中にグラサンはずさない人なんて!

トリック自体は先生すごい力仕事したなぁって感じですね。

犯人の小説家キャラって大体推理を「ミステリー書くとき参考にするよ」「君には小説書く事を薦めよう」って褒め方するから面白い(52巻の猫買ってた小説家さんとか)。大体思考回路同じ…?

動機は切ないですね!まぁまず本人としっかり話してみればよかったのに。週刊誌に本人が一番影響受けてどうする!しかし小説家が週刊誌に追われるって変わってますよね。(他人事)

「電話と海と私」も「I SEA TEL」で「愛してる」ってシンプルだけどなんか良いですね。

蘭が最後まで小説に夢持ってて可愛かったです。園子の冷静な突っ込みも面白い。

 

そしていよいよ領域外の妹が!喋る!!

声、超大人。

美声だけども…これは一発で「この方お母さんじゃね?」って思うレベルに大人である。クールでカッコイイけど。

人前に出ない理由はいろいろありそうだけどこの威厳ある声のせいではと思うレベル。口調もそうだし初対面の人はうろたえそう。声のおかげであの大人っぽい性格の哀ちゃんよりもさらに大人オーラすごい(実際そんな感じだけどw)

APTX4869で小さくなった赤井3兄弟妹の母親にしか見えない…

そんなわけでいよいよ喋った領域外の妹ですがクレジットでは「謎の女の子」になってましたね。まぁEDの時点では領域外というワード出てませんでしたしね。

さてあの声で聞きたい台詞は特に

f:id:padpopopo:20141129234109j:plain

これですね。

あとは…

f:id:padpopopo:20141129234144j:plain

これもあのクールボイスがどんな明るさになるのか気になる。

もう…一発で世良ちゃんより目上の人ってことがわかる声でしたね…哀ちゃんも「~しなさい」って言うことあるけど、より親パワー感じる声でした。一番子どものふり上手いのはやっぱ子ども歴ベテランのコナン(新一)くんだな。

次回の登場が!緋色後なんて!早くまたこの声聴きたいものです。

 

 

 

あと今回のアニメとは関係ない話を最後にひとつ。

異次元の狙撃手DVDスペシャルエディションを買いました。

正直、特典映像がドンドン増える!!という良いシステムのブルーレイ版のほうがよかったかなというのもありましたが、ネットにつなぐ方法がよくわからないというアホな理由と、手軽に今のパソコンでもみたいなぁということでとりあえずDVDを買いました。

 

特典はまず、ちっちゃいクリアファイル3枚セットと、青山先生原画のコナンくんのポストカードがあります。

特典映像ですが恒例の映画直前のプレストーリーと、特別番組が入ってます。(計53分)

プレストーリーは「暗号つきの招待状」ですね。

異次元の舞台(浅草近辺)予習にいいんじゃないかな!

 特別番組はいつやったか忘れましたが、日テレで放送された番宣の30分番組ですね~。見たわこれ。これで印象に残ってるのは「この人は誰でしょう!」って風に世良、沖矢はクイズに出たのに赤井さんは一ミリも出てなかったことですね!w

しかも番組ラストに「世良、沖矢も活躍!!」ってなってて赤井さんが空気扱いで(略)

…って感じなので、映画のこともっと深く知りたい!!って人にはBlu-ray LIVE」っていうシステムがあるBD盤が断然良いと思いますね。わたしもどうしようか迷ってます。余裕ができればなぁw

ちなみに番組には主にゲスト声優の2人、ノンスタイルが出てます。ノンスタ井上さん普通に詳しくて好感度上がる。クイズ出してる阿笠博士も絶好調で可愛い。赤井ファン的には見所とくにないですが。

 

あとDVDパッケージのスリーブケース。これは公式サイトでも見れますが、コナン、哀、沖矢の三人ですね。

このケースを取った、パッケージ本体のほうのジャケ写には、スリーブケースそのままの配置でセンターに新一、新一の左後ろに哀(元の姿)、右後ろに赤井がいます!!

びっくりした!全員もとの姿になってるし…大人哀ちゃんのあんなさわやかな笑顔初めて見た…ってくらい良い笑顔でした。

赤井さんもカッコイイんだけど最近さわやか出してて笑う。アサシン顔が標準の不審者時代には考えられなかったことだ…ほんとさわやかです。

 

ただ本編見れればいい!って人は通常盤、特典のクリアファイルやポストカードほしい!書き下ろしのパッケージが良い!って方はSPエディション(お好みでDVD、BD)、特典映像たくさん見たい!!って人はさらにSPエディションのBlu-rayが良いかと思います!!