読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

サンデー49号 コナン910話「殺意の鎌鼬」感想。まさかの人物登場!!

コナン 漫画 感想

こんばんは。

 

今週のサンデーコナンの感想です。

ネタバレなので追記に。先週に引き続きハイテンション感想。無駄に長いよ。

 

 

 

 

 

大和警部来るーーーー!?アレ?山村来たーーーー!?エエエエーーーー!?WHY!?

と叫びたくなる勢いのまさかの展開!YOUかよ!!www

しかし「敢ちゃんじゃない~><」ってがっかりする間もなく山村警部がフルスロットル山村節全開なもんだからもう面白い。脳内で既にあの声が再生されている。古川登志夫さんが生き生きと喋ってる。アニメが楽しみである。

 

まず、萌えたのが蘭と和葉が揃って敢ちゃんに信頼寄せてるところですね!!

和葉「長野やから長野県警来るし!!」

ふつうこういうとき警察が来るとなるとどの県警だろうが「あぁこれで安心」って思うもんでしょうが、(特に)長野だから大丈夫!というようなテンション…特別な信頼感が流石というか。長野県警ファンだけじゃなく作中の人物もおなじように心強く思ってたのか。w

和葉「めっちゃ頭の切れるあの警部さんだったらパパーっと捕まえてくれるわ!」(※要約してます)

オーイ、平次は?警察じゃないけど、敢ちゃんと同じくらい頭が切れる名探偵すぐそばにいるよ?…和葉ちゃんは平次さしおいて新一褒めたり(和葉「平次が頭悩ませんでも工藤君ならあっちゅうまに~(31巻)」)するからね!w

盛り上がる蘭と和葉に対し、コナンがひとり、敢ちゃんラム疑惑浮上に冷や汗。

コナン(おいおいまさか大和警部が…)…冷静に考えるとこうして疑いのある該当人物が、自分の知ってる範囲にいる世界ってスゴイ。世間狭いというか天文学的な確率w

コナンいわく敢ちゃんは

・隻眼(ラムの特徴1・左右の目どちらかが義眼)

・大柄(2・屈強な大男)

・束ねてる髪を解くと長髪(3・女のような男)

・杖ついてるから老人に見えなくもない(4・年老いた老人)

たしかに…すべての条件を満たしてしまっている。Oh…義眼と隻眼は違うと思うけど…

この前敢ちゃんを候補から外してラムを探し回ったけど誰もイマイチ当てはまらなかったし、やはり敢ちゃんが…?

しかしなぜか、これでもまだラムじゃない!!と言いたい。レイ・カーティスが犯人だと認めたくなかったコナン状態である。不可能なものを取り除いて残ったものがたとえどんなに信じられなくても真実なんだ…!!

でも…あの敢ちゃんがねえ~(失礼)

ついムキになって高明さんに勝てないようなところがあったり、高明さんのひとことにイラついて怒ったり(「所轄で燻っていやがれ!!」)ぼた餅作ったり、車の中で爆睡してたりね!そしてあの「俺は地元から出る気はない」って雰囲気(※勝手な決め付け)…ラムだと仮定するとNo2のくせに部下より人間味溢れてる。

逆境に陥るととたんに焦りだす安室さんでもまだミステリアスさはなんとか保ててるのに…。

このことはまたあとで!あと単純に分かりやすすぎるというのもある…ものすごく怪しかった沖矢昴さんがバーボンじゃなかったり、ジョディ先生がベルモットじゃなかったりとそのとき一番怪しかった人は見事に外れてる感があるし…

敢ちゃんがラムだったら甲斐巡査のお墓にチクリに行きたいところであります。

「あなたにあこがれて警察官になった人が見た目だけじゃなく中身もグレましたよーーー!化けて出てやってくださいよーーー!!」って。

 

敢ちゃんラム疑惑は一旦置いといて、さきほど冒頭で触れたように…山村登場!!

ワーーー!県境くっそ!!!www漆黒の追跡者のようにどうにか合同捜査にしてくれちゃったりなんかしないかな(山村風に言ってみた)。

しかし先ほど言ったように、がっかりする暇がないです。そもそも山村刑事も好きだし。

☆今週の山村語録☆

「この妖怪ハンター山村の出番でしょうが!!」

「(略)この科学の時代に、鎌鼬なんていやしませんけどね!」

「どーせなにかの勘違いでしょうけど」(バカにした感じで)

「さくっとつかまえますから、どーぞおかまいなく!」(ダジャレ)

「あの鎌から血液反応は…なんと…出ませんでしたーー!」(小五郎「まぁそうだろうな」)

ずっと面白い。いちいち明るい。ウザ可愛い。事件起こった後とは思えないくらいユニーク。アニメが楽しみ。(二度目)

…すごい勢いで絶賛してますが、これ褒めてるの彼のユニークさ限定ですからね。w

刑事としてはヤバイ方なので「迷いの森の光彦」の時に出た山村刑事の先輩を呼びたいくらいです。大丈夫かこの人wこれでも警部というのが群馬県警の人材不足を物語っている(実在の群馬県警の皆さんすみません)

そんな山村登場ににブーイングの蘭たち。「何や~大和警部来られないの?」「由衣さんにも会えると思ったのに」面とむかってがっかり感隠さず言うところが何気にヒドイwwwあまりこういう不満をはっきり言うイメージのない蘭が言うと破壊力がwww

平次も山村の「なにかの勘違いでしょうけど」の後「腹立つわコイツ…」とイラッときてるw

ゲストキャラはともかくコナンたちはもれなく山村刑事にイラッとしてるのになんか雰囲気が険悪ではないw憎めないですね、山村…

 

 山村刑事登場ですっかり事件どうでもよくなってますが、今回は事件の情報ぎっしり。

・倉の入り口のそばにある電球がなぜかつかなかった

・倉には鍵がない

・泥棒に入られた(盗まれたものは何かはたいしたものじゃないとのことで言ってくれなかった)

・あの時割れた電球にも血痕はなかった

・小五郎の吸殻、女性ライターさんのガムが落ちてた

あと直接関係あるかはともかく…

・亡くなった主人はサバゲーやイベント好きだった

・康平くんは8歳になる

このあたりがどう繋がるのかですね。…コナンと平次ヨロシク!(相変わらず事件の推理は適当なヤツ)

 

いろいろ調べてたら誕生祝いの飾り付けをしてた康平くん、蘭、和葉のいた部屋でまた鎌鼬発生。蛍光灯が割れ、風船も割れ…その後響く大旦那さんの悲鳴!やっぱり彼が被害者か(不謹慎)

えっ、こんな緊急事態なんだから温泉通っちゃいなよ!!裸足になってズボンのすそとかまくって通ろうよ!この前の赤女事件の犯人だったらそのまま通るよ!!(腕まくりせず湯船に手入れてたエピソード)

そして離れに行ったら大旦那さんが何者かに殺害されていました。あの鎌で。エーーどうやって犯人は持ち出したんだ!!

 

これは面白くなりそうですね…こういうと不謹慎だけど。

平次と山村が面白くて…魔犬の事件再来か。

このポンコツ刑事が来るととさすがに小五郎のおっちゃんもまともになりますね。

彼が警部だと知ったら別の世界の警視庁捜査一課所属のイタミンなんか発狂しそうである。ポンコツなのに階級が上というw「群馬県警の山村警部殿~~~」…

敢ちゃんも呼ぼうよ!!漆黒の追跡者の山村警部とのやりとりおもしろかったよ!!

 

今週は「うわぁ敢ちゃんじゃないんかい!!」とは思ったけど山村刑事が通常営業でおもしろいのと、一番気になってたラム疑惑にコナンが触れてくれたことでよかったです。でもこのまま敢ちゃんラム疑惑に触れといて疑惑解消されずに一旦終わるのもあれなんでやっぱ本人出てきてくれ

 

ラム疑惑について。ラムだったら困ります!!(単純)

とにかく由衣さんもびっくりするし高明さんもね…よし同じ警察で公安の安室さんを長野に連れてって敢ちゃんと会わせてみよう。提案。

まったく論理的ではない理由を言いますが、刑事になった動機が、誰からも慕われるおまわりさんだった甲斐巡査がきっかけだという純粋な正義感持ってるっぽい所が…悪い人には見えないんですよ~。

 

ま、ラムだったとしてもそれはそれで楽しめると思いますが、敢ちゃんは見た目ヤクザなのにしっかりしたマジメな刑事さんで、ガキ大将みたいで荒っぽいのに頭が超切れるというのが良いんじゃないか!!中身までヤクザだったら笑えない!!www(笑ってる)

怪しいしコナンもこうして触れるほど疑惑濃厚だけど、敢ちゃん=ラムというのに未だに否定的です。彼はラムとして暗躍するより、地元で刑事としてめまぐるしく活動して、たまにTVの警察24時の地方警察の名物刑事として出て、休日には実家の手伝いして、ぼた餅作ってご馳走して、親戚まとめていれば良いよ(謎の願望)

敢ちゃんにすっごい失礼な事言うけど(※もう十分失礼発言続きですね)組織のNo2の人なのに、高明さんにだけはカッとなってどうしても勝てないというのが致命的だと思うのでwその三枚目風の一面も悪役っぽくないw

あともうひとつ。たしかに遠目に観れば杖ついてる老人かもしれないけど、これくらい俊敏に動くよ?(またこの画像)これでも老人に見えるでしょうか。いやこの動きは非常事態限定ですね。

f:id:padpopopo:20141025221327p:plain

それにこちらも遠目に見たら~の話なのかな…いくら長髪でもあのヒゲ面強面は女性に見えない…顔関係なく、髪長いって点だけをとって「女のような」って言われてるのかもですが。

義眼というのも、敢ちゃんは義眼なんてつけてないし!

まぁこちらも噂におひれがついて「事故った」→「片目なくなって、足も負傷したらしい」→杖装備をどういうわけか「義眼装備したらしいよ」と勘違い!…こういうので情報が正確じゃなくなってるとかね。通常だったらどう見間違えても敢ちゃんが義眼って思われてるのはないわ。傷跡でふさがってるのですっかり義眼装備する余地ない…。

 

最後にいざというときの必殺技。…青山先生の言葉を引用しよう。(全力で敢ちゃんラム説を否定しにかかってる自分に我ながら必死感がすごいと思います)

黒田官兵衛って刑事出して、こいつらと絡ましてやろうかななんて思ってるんですよ。

大和敢助と上原由衣のラブストーリーもこうご期待ってことで、考えてますよー。

(SDB 60+ P150より)

こういう風にラブストーリーを考えられてる人が組織だったら由衣さんかわいそうです!悲劇かよ!彼には奇怪な事件で生き生きと活躍してくれたほうがいいのでほんとにラムはやめてほしいな!!

ところで大河の黒田官兵衛終わる前に黒田刑事出るんですかね。

 

今週はこんな感じです!

相変わらず出てないのに敢ちゃんの話が半分を占めててごめんなさい!w