堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

アニメコナン「小五郎の同窓会殺人事件(後編)」感想。おっちゃんカッコイイ!

こんばんは。

 

更新が遅れました。感想の前にちょっと雑記を。

先週末、iPhoneが壊れて電源入らないという不運イベントが発生し、「まぁ大丈夫、同期すりゃ直るさ」と思ったもののなんとも反応しない。

最初は「まったくこいつは~困ったな~」くらいだったのがだんだんシリアスな顔になり

f:id:padpopopo:20140625225011p:plain

最終的にはこうなりました。結局本体交換だよ!!

壊れてわかったけどスマホに頼る生活を送っている今、スマホが壊れたら杖折れてふくろうが行方不明になったハリポタの魔法使いくらいに途方にくれるんですね。ハリポタの魔法使いもね、いざというときのためにマグルの知識もつけておいたほうがいいよ。(電話の使い方を知らなかったロンや切符を買うのにちんぷんかんぷんだったハグリッドを思い出しながら)

バックアップはちゃんと取ろうと改めて思った2014年夏でした。

今週のお題「この夏の一枚」だって??全部消えたよ!!!

 

さてコナン感想です。

デジタルリマスターで何年も前の話ですが、一応追記に!

 

 

 

 

おっちゃんカッコイイ~~~!!!

 

久しぶりの叫び。小五郎のカッコイイエピソード・第一弾ですね。以下、小五郎絶賛文章になってます。

とにかくこれは昔よく読みました。

小学生くらいのわたしはコミックス集めるのが遅かったんです。新刊と自分の持ってる巻数に開きが少しあるような感じ。

そんな具合に所持巻数が少ないと、自然とひとつひとつの巻のリピート率も高くなるんですよね。9巻は中でもよく読んだな~、そりゃもちろんこの回が好きで。あとあまり怖くなかったというのもありましたね。(当時のほかの回と比較)

よく考えると、血が飛び散ってるので十分怖いですが…w

ヘッポコ探偵の小五郎も実はこんなにひらめき力があった!本気になればできるんだ!という回。

 

この、特に仲の良い親友同士で起こった事件。前半の和やかなあの雰囲気を思い出すと辛い。

おっちゃんが本気になり、コナンも懸命にアシスト!

自分の親友に犯人がいる!と確信して激しく怒るおっちゃん。このシーンは見ものでしたね!!

「かならずオレが暴いてやる!絶対にな!!」

あぁカッコイイ。なぜこのキレが普段でない。

久しぶりの神谷小五郎にも痺れますね。といってもわたしは過去のコナンを頻繁に見ているので「すっごく久しぶり!!」って程ではないんですが。

 

いよいよ推理シーン。コナンでは稀にあるようなパターンの、一個一個コナンがヒント言ってってたどるようになんとか皆で犯人に行き着く…ではなく、最初の段階でもう小五郎の推理が完成してましたね。まぁその時点でコナンも全部ヒント出し切ったというのもありますが。

自分で必死に考えて、しっかり推理するおっちゃんがひたすらね…何度言ったのだろうか、カッコイイ。

このトリックに対する反論をする犯人に、ニコニコと決め手を言うコナンも可愛い。正確なヒントを与えつつは最後まで肝心なところは小五郎に譲るというね…

コナンくん、おっちゃんのこと常にバカにして軽く見てると思ってたので(ひどい)こうやって心から「おっちゃんに協力しよう!!」っていうコナンを見れるという点でもこの回はなかなか面白いんじゃないでしょうか。それほどあの小五郎の怒りや本気度がコナンにも伝わったんでしょう。

最後、他の同級生たちが犯人の中道さんに食ってかかるけど誰も勝てない中ビシッとおっちゃんが決める。カッコイイしか詰まってないな、おい。普段はそのキレをどこにおいてきた。(二度目)

どうでもいいけど同級生のひとりの綾城さんが高木刑事に容姿が似ていて笑いました。最初読んだ当時はなんとも思わなかったけど今見ると似てるわ。

 

最後の立ち直り方もね!小五郎らしくてwこれで安心!!w

はりきりすぎて公式戦では勝てなかったというのもおっちゃんらしいです。カッコイイところがあっても普段はこうな、信頼と実績の小五郎クオリティ。

 

デジタルリマスターって既に知ってるファン的には「くそっ過去作か!最新原作回放送が遠のく!」ってじれったく思っちゃうとこあるんですが、やっぱり面白い回は面白いし、こうして過去の名作コナンが出てくるのもまぁ良いな~。

今回は違ったけど、異次元の頃に放送された「シカゴから来た男」の時のように、これからの原作・映画のための復習に良い回もありますよね。コナンって長いのでw、ちょっと次の話に向けて遡っておきたいところあるじゃないですか。

たまに「は!?今それやる!?」って回がデジリマになるところありますが。w

 

そんな感じで小五郎絶賛記事になりました。

カッコイイ毛利小五郎さんが見たい方は、37巻の雨城瑠璃さんが出る回も面白いです。おすすめですよ。

どうしようもない毛利小五郎さんが見たい方は40~41巻の「似た者プリンセス」が良いです。普段以上に磨きのかかったダメ親父小五郎です。過去最大の失態。

 

 

あともうひとつ。まじっく快斗の公式サイトが更新されていましたね。

なるほど、最初のVSコナンをキッド目線でやるのかぁ~!キッド目線だと内心の焦りや驚きなど人間くさい面も見えて面白そうです。

まじっく快斗の時よりコナンのキッドのほうがクールに思えるのは、基本的にはコナン目線だからキッドの気持ちが常にわかるわけではないからだと思います。

定期的に盗一さんの声も聴けるのかもな…て思うとテンション上がります。声が赤井。盗一さんの名台詞を赤井さんに言わせてみましょう。

赤井「ポーカーフェイスを忘れるな」

f:id:padpopopo:20140604215815p:plain

なんてピッタリ!!w

 

今秋はまじっく快斗スタートだしドラマも好きなシリーズ作品が始まるしで楽しみです。好きなグループがまだ今年大きな活動をしてないことも気になら…なくはないけどとりあえずコナン20周年が楽しいので良かったです。