堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

サンデー25号 「緋色の真相」感想。 シュウーーー!&FURUYA宅配便

こんばんは、宅配便です!

 

 

ついに「緋色」シリーズクライマックスですね。

もっと続くかと思ってた…w

しかし最高に面白かったのでまったく不満ないです!

感想は追記に。

 

 

 

 

 

シュウーーーーー!!!

こうやって叫ぶのが恒例になってますね。

 

手袋をしながら答える問いに赤井さん。うん、FBIの仲間の前に敵が現れると予想したとか…それはいいから気づかれず車に忍び込んだ方法教えてよ。

後部座席の床に寝てたと思うとめっちゃシュールでうけるんだけど。

 

なんて冗談はさておき、赤井さんがとってもカッコイイ。拳銃を持ってるのも、キャメルに運転を信頼して任せてるのもカッコイイし、なにより顔がカッコイイ。(単純)

キャメルも無茶に思える赤井さんの要求に「なんで?」みたいな戸惑いを見せることなく、ただ赤井さんを信じて、口出しせずすぐ指示を実行するのがカッコイイですね。お互い信頼してるんだなぁ…でも心配性なジョディ先生も可愛い。

 

安定しない位置から動くターゲット(タイヤ)を撃つ赤井さん!やばい!手袋あとでください!!!

そりゃなんたって異次元の狙撃手ですから。毎週「ディメンショナルスナイパー」って言ってたくらいの人ですから。

一キロは離れてそうなビルからベルツリータワーの展望台にいる人を正確に狙撃できる人なんで、このくらい楽勝ですよね!

そしてまた敵のところに戻れと言う赤井さん…決着つけるのか。

 

安室「今逃したら今度はどこに雲隠れするか…」

多分またこの家に戻ってくると思いますよ。

電話に白熱する安室さんに

昴「すみません…少々静かにしてもらえますか?」

注意されたwww昴さんフリーダムwww

 

昴さんが安室さん黙らせてでも見たかったマカデミー賞中継。

テレビの向こうで喋ってる優作さんがユーモアたっぷりで可愛い。

それと、優作さんの作品「緋色の捜査官」のモデルが赤井さんとは!!なにそれ観たいw

優作「『イケメンで礼儀正しくてクールでダンディで、もォFBIに置いとくにはもったいないくらーい(ハート)』と妻が申してました」

有希子さんwww

え…赤井さんのファンなのwベルツリーのときみたいにVS組織の同志って感じで落ち着いた普通の仲良しかと思ったら有希子さんが赤井さんちょう好きなのねw

赤井さんが有希子さんと何話してんだか気になるw

テンションの高さでは赤井さんの妹の世良ちゃんよりも少し上だよあの人w天空と深海並みのテンションの差だと思うw

赤井さんと会ったことのない優作さんが作品のモデルにしてるくらいだし、優作さんにもやたら赤井(昴)さんの話してるんだろうなぁw

FBIにしとくにはもったいないイケメンって、赤井さんがFBI以外の仕事するイメージがない。何?射撃場のスタッフ

それに赤井さんが礼儀正しいって…まぁジェイムズさんのような目上の人にしっかり敬語だし、患者さんの部屋の爆弾回収したときも、細かいとこだと33巻の、佐藤&白鳥のお見合い会場でもお店の人に軽く頭下げてたし、礼儀はちゃんとしてるのか。

どうもぶつかってもちゃんと謝らないイメージが強い。(赤と黒のクラッシュ)

 

そのころ赤井さんは敵の車のタイヤ打ち抜いといて

赤井「大丈夫か?」(いつのまにか右の座席に移ってカッコつけながら)

なにを言ってるww

そしてさっき注意されたからか安室さんの電話の持ちかたがこっそりした感じでなんか可愛い。

電話に出て

赤井「バーボン…いや…今は安室透君だったかな?」

そして赤井さんの台詞から、バーボンも組織に潜入してる、別の団体の一員?

安室さんの本名が判明。

「降谷零君…」

えっ?降谷零???

安室透に使って残った方の名前使ったのかwww

ストレート。もうひらがなでならべたら混乱するわ。

あむろ れい

あむろ とおる

ふるや れい

ふるや とおる

さぁ正解はどれでしょう!!(何の?)

 

どうやら降谷さん(慣れないな…w)は赤井さんがにくいあまり本当の敵(=組織?)を見失いがちらしい。

「彼のことは今でも悪かったと思っている…」

彼?それが安室さんが赤井さんを恨む理由?

なんだか、赤井さんがミスって、その「彼」を窮地に追いやってしまったように感じるなぁ。安室さんにとってその「彼」は友人だったのか、恩師だったのか。

未だに許してない様子の安室さん。

でもなんか悪いけど二人の態度からして

安室「赤井許さない!ヤツを殺せるのは僕だけ」

赤井「ハイハイ悪かったよ、だけどそろそろ本来の目的思い出せよ。ところで俺の宿敵はジンだから」

くらいの温度差に感じるw

 

安室さん、日本の警察組織の一員?やはり公安…?

でもだったらあの金髪はないよなぁ。地毛だとしても警察官じゃさすがに黒く染めなきゃいけないと思うし。

コナンの警官ってみんなキチンと黒髪だしなぁ。

 

あれだけ喋ったのにあっさり、「勘違いだったようで」と帰ってゆく安室さん。

安室「どうして僕のような怪しい男を家に入れたりしたんです?」

昴「(中略)随分、話し好きな宅配業者の方だなぁと思っていましたけど」

宅配業者再びw宅配便のくせに何も持ってないけど。宅配業者のくせにすごい勢いで啖呵切ってたけど。

 

安室さんの正体は組織に潜入するスパイ…どこの組織のスパイかはわからないけど、日本の組織だろうね。「僕の日本」とドヤ顔してたのがもう懐かしい。

 

帰ったあとに昴さんが二階に上る。

コナン「あ~~~~~…ちかれた~~…」

か…可愛い!!

コナン君、こんな厄介なことになった原因は赤井さんだからあとで謝ってもらったほうがいいよ。赤井さんはこの戦いいいとこ持ってって余裕たっぷりにエンジョイしてたし。

あの昴さんの正体は…優作さん!?

え!有希子さんじゃないんだwww

さすがにバーボン相手だから身代わりも単独でしっかり喋れる優作さんで対応したのか。それに有希子さんはメディアに出るの得意だしね。

じゃあテレビの優作さんがめっちゃ生き生きとユーモアたっぷりだったのも、映画のモデル(赤井さん)のこと語るときの有希子さんの物まね顔がやけにリアルだったのも有希子さん本人だったからなんだwww

有希子さんも最初(VS安室対策をはじめたころ)は工藤家にいたのか~その後アメリカに向かった。不定期で工藤家にいるのか。

 

赤井さんさぁ、コナンにこんな神経使う仕事させて、優作さんに来日させ、有希子さんにはマカデミーの会場へ…とけっこう手間かけさせてしまってるので一回工藤一家に菓子折りかなにか送るべきじゃないかな。それか工藤夫妻それぞれに交通費払ったほうがいい。

 

守んなきゃならない奴がいるから戻ってくる…哀ちゃんをか。

カッコイイー!

哀ちゃん守るためなら不審者扱いされても気にしない!

しかしこうまでじっと見張るくらいだから工藤家って良いスポットだよね。木馬荘のまんまだったら離れてるから怪しまれず博士の家見張ることってできなくない?

 

そして後日ポアロを訪れるコナン。

コナン「ウソつき…」

安室「君に言われたくないさ…」

ふたりとも穏やかな笑顔ですね。

ウソつき…の意味は名前を偽ってること?「君ほどじゃ…」は、子供でなにもしらないフリして実際は真実を知ってることかな。

ポアロに戻ってきた安室さんだけど、まだとどまる理由はなんだろ。コナンに興味があるからかな。

この日常的な感じからすると、安室さんは赤井さんが生きてることを組織には言ってない感じだね。だから赤井さんは昴として何食わぬ顔でい続けるしキールも安泰か…でもベルモットには言っちゃたよね?あれはどう対応するんだろ。

 

次回は休載!うわああ死ぬ。

この感じだと赤井兄弟の再会もまだまだだろうな。まぁお楽しみがまだまだあるということで。

 

「緋色のエピローグへと続く…」って、このやりとりがエピローグじゃないの?

まだあるの?ないよねぇ一応きれいに終わったし。

 

 

とにかく今週は有希子さんと仲の良い赤井さんにめっちゃ萌えました。なにかが爆発した。

あのふたりが食事一緒にしてるとかなにそれ可愛いんだけど…(77巻で洗い物一緒に残ってたし)

なんて呼んでるんだろ。赤井くん

居候してる立場だし、年上だしでどうも有希子さんには強く言えず弱い赤井さんだったら萌える。可愛い。

あの昴さんの顔が変装ならいちいち有希子さんに変装させてもらってる赤井さん可愛い。まぁベルツリーでパッと昴→赤井→昴に変われたくらいだし、優作さんとちがって赤井さんはウイッグとメガネと、無理して細目にして頑張ってたのかな。

 

赤井さんて不審者オーラ(酷)や影ありすぎでよく対人関係何ありに見えるけど意外と人と接してて好かれるよね…今回のように再会を喜ぶ同僚、当り屋赤井やって事故って知り合った明美さん、そして有希子さん。

でもわたしは安室さんの「僕可愛いでしょ」って分かりきってるかんじのあざといところも好きです。人がどうやったら喜んでくれるか、自分を信頼するかわかってる感じの。最大限自分のよさをフル活用!w

 

とにかく赤井さんが全部のコマでカッコよくてやばいです。結婚して!!

有希子さんとの絡み待機。