堂々巡り日記

主に名探偵コナン。本誌基準で今日もブログを書いています。感想または考察がメイン。

少年サンデー21号 コナン感想。 AMURO宅急便がやってきた

こんばんは。宅配便です!

 

コナン展の前売りチケット買ってきました。楽しみ!

 

来週行く予定~!何気に一番毛利探偵事務所が楽しみです。

 

さて、今週のサンデーは来葉峠の真実に迫る、「緋色」シリーズ。

ついに本物の赤井さんが現れるかも…と思うとドキドキしますね。

回想シーンの赤井というあだ名がつきそうなレベルで主に活動場所が回想な赤井さん。いなくなっても人々の心に生き続ける…(やめ)

それにたまーーーーにしか出ないので映画に原作と来て赤井ファンとしてとまどい。えっ…ほんとに復活?とかつてないくらいテンション上がってます。

 

前置きはこの辺で、今週のコナン感想。

 

ネタバレなので追記へ。

 

 

 

 

やっぱりあのジョディ先生はベルモットかぁ。

 

飲み会のメール、キャメルの携帯、すべてがつながった。

しかし、澁谷先生を事故に遭わせる気だったとか安室さんひどくないかw

「組織の一員だ…!」と強く実感しました。←

楠田が拳銃自殺したことが組織に知られることの危険性を理解してないジョディとキャメル。

そりゃそうだ。

だってその情報が赤井さんと楠田が入れ替わったことの証拠のひとつなんて知らないんだし。ふたりとも赤井さんは死んだと思ってるんだからね…

ひとり、とっても衝撃を受けた顔をするコナン。

一方バーボン安室はすべてを見抜き、赤井秀一と楠田陸道が入れ替わって、楠田の遺体を赤井さんの遺体だと錯覚させた作戦のすべてを知ってしまった。

やばいよー、だって

赤井秀一が生きてると知れたら、また命を狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。そこで俺は沖矢昴と名乗って…」(例の名台詞を赤井バージョンに改変)

ってことでしょ。まぁ赤井さんの場合組織から抜けても家族も本人も無事だった稀なケースだけどw

だから家族はともかく、一番危ないのはこの作戦に全面的に加担したキールの身の安全ですよね。

何のために赤井さんが来葉峠に向かったかって、自分が死んだふりをして組織から逃れる…とかじゃなく、キールの疑いを晴らし無事に組織に戻すためだったんだから。

一度キールはジンに疑われてるし、赤井さんが生きてると知れたらまずはキールが今度こそ危ないんじゃ…だからこそコナンはあせってるのかな。

 

ベルモットが赤井さんの「まさか…ここまでとはな…」が演技だとは思えないって言ってるけど、それは確かに演技ではなく本音じゃないかな。

コナンがこの作戦を提案したとしたら。

赤井さんもまさかコナンの作戦がこんなに上手く運ぶとは思ってなくて、思わず出たコナンへの素直な感心の気持ちじゃないかと思いますね…同じくキール「私も驚いたわ…」も。

 

安室「ぐうの音も出ない状況に追い込んでね…」

おぉ怖い。つまりいくらごまかそうとも言い逃れできないくらいの絶対的な証拠か何かを提示するのかな…赤井さん、またはコナンに。

 

そしてコナンも対策に打って出た。

学校を休み、博士と相談。哀ちゃんはまだ知らない。

そして蘭ちゃんはマカデミー賞(アカデミーのもじりw)を楽しみにしてる。

優作さんが脚本賞を取るかもしれないらしい。

これもなにかあるのかなぁ?コナンが楽しみにしてたなんて…物語に関係ないとは思えない。

ベルモットが出るとか?休業宣言したのも作中では数ヶ月以内だし、それ以前の出演作はあるだろうし…

まぁ単純にお父さんの受賞がどうかが気になってただけかもしれないか。w

 

それを工藤家のリビングで観てる昴さん。すっかり実家気分かw

でも昴さんも気にするってことはなんかあるのかな…?

そこに

「宅配便です!」

開けたら

安室「こんばんわ…初めまして…安室透です…」

いきなりの自己紹介。

昴「はぁ…」

そりゃ反応薄いですよね、「はぁ…(何コイツ)」ってなりますよね。w

安室「でも…初めましてじゃありませんよね?」

きたぁああ!

いくら昴さんが極力人と接しなくても、近所の人(悪気ないだろう)ならいつ昴さんが引っ越してきたとか、そういうこと覚えてそうだよね。特にアパート火事の現場も近いし。探偵で情報収集に長けた安室さんなら簡単でしょう。

赤井さんがいなくなったのと入れ替わりにコナンの前に現れた人…ってことですぐに対象は絞られるし。

10歳くらい若返ったコナンですら、新一行方不明の時期とコナンが毛利家に居候しはじめて「眠りの小五郎」が始まった時期が重なるってことで正体ばれたんだし*1、年齢が変わってない赤井さんと昴さんじゃもっとばれやすいかな…容姿は違うけども。一瞬探偵たちの夜想曲で目が合ってるし。

 

しかし気になる点が。

昴さん、カゼひいた?

でもマスク型変声機って過去にも二度使われてるし、あれもただのマスクとは思えない。

もしかしたら…博士とコナン(と昴さんも?)で立てた作戦で、なにかあるとか?

でも、たとえば新一と偽コナン(灰原)*2偽新一(平次)と偽灰原(コナン)*3のように、どうにか変装でうまくいくとは思えない。

昴さん自体…変装だし、この場合は赤井と昴が別人で、昴がただの大学院生といいたくても赤井と昴を共演させるわけにはいかない。だって赤井さんは死んでる設定だしw

 

マスクで顔を隠してるってことで、別人に昴さんの格好をさせる…ってこともありそうだけど、それをやる必要性ね。ないですよね。

もうここまできたらばれてるし、安室さんのやり方を知ってて頭もよくいざってときはジークンドーで戦える赤井さん本人に対応させるのが一番じゃない?

前にコナンが代わってあげた哀ちゃんと違って赤井さんはタフだしむしろコナンより大人だし…誰かを身代わりに隠れる必要がない。

これがもし別人の変装した昴さんだとしたら、どういう作戦を立ててるのやら…それともマスクには別の意味が?

 

コナンから情報は行ってて何らかの作戦や考えは昴さんにもあると思うし、声でわかるはずのAMURO宅配便にあえて対応したんだから、大丈夫だろうと思って来週を待ちます。

 

まぁ…せっかく「本当に死んでいる(ドヤァ)」と確信してくれたバーボンにわざわざ素顔の赤井秀一の姿で現れたくらいだから、赤井さん本人もいつかこうなってバーボンと対決することになるのは予想してたでしょ。

それに偽の自分になって徘徊されるのも迷惑だったろうしねw火傷つきだし。

 

来週も楽しみだ。

しかしここに哀ちゃんや世良ちゃんがいないのがとりあえず二人は安心かなと…いたら大混乱www

お互いきょうだいが亡くなったことで

哀「諸星大このやろ」

世良「宮野姉妹このやろ」

みたいにお互いの相手をよく思ってなさそうなとこが気になる。世良ちゃんと哀ちゃんの因縁対決(?)の日もいつか来るのかなぁ。

 

来週はマカデミー賞を見ながら安室さんが

「優秀主演男優賞は変装して欺いていた君ですよ」とイヤミのように昴さんに言ったりして。自分で思いついといて寒いと思った。w

*1:ベルモット、瑛祐などに

*2:26巻、命懸けの復活

*3:42巻、二元ミステリー